「宮代で暮らそっ」内をフリーワードで検索

海外を見てきた私ができること

移住者インタビュー vol.10:楽しんで生きることを伝えたい

2022.03.16

高橋 真紀
英語教師
2018年移住 加須市出身

はつらつとした笑顔にしゃんと伸びた背筋、洗練されたファッションに身を包み、はきはきした雰囲気が印象的。お話ししていると、時々発音のいい英語が飛び出すことも!宮代の魅力を伝えるユニット「宮代は日本のフィンランド」の活動もしている高橋真紀さんにお話を聞きました。


 

アメリカやエジプトで過ごした子ども時代

父の仕事の関係で4歳から4年間アメリカに住んでいました。
一人一人意見を持っていることが当たり前で、人と違っていてもいい、
誰もが尊重される存在だということが普通のお国柄。

学校では「どう思う?」と、いつも問われるので、常に考えて自分で決める、それが基準になりました。


高校生の頃にはエジプトへ。

カイロのマアーディ地区という一般の住宅地に住んでいましたが
そこから30分ほど行ったところにある高級住宅地の中が
アメリカの町のようで驚いた思い出があります。

インターナショナルスクールでアフリカ系の女の子とルームシェアしていました。
ボールペンや歯磨き粉などがたびたび失くなるので、彼女に聞くと「そうよ、もらったわ」と。

彼女には泥棒しているという意識はなく
「モノは誰かひとりの所有物ではなく、みんなで共有するもの」という考え方に
文化の違いと世界の広さを知り、大きな影響を受けました。

思い出の写真2

海外で購入した思い出の品

卒業後は2年間、イギリスへ。
ウィンブルドンは宮代のような静かな田舎町で
古いモノや生活を大切に暮らしている人々の姿がとても素敵でした。

海外ではどんな小さな田舎でも必ず観光案内所があり、気さくに教えてくれます。
ある土地ではバス乗り場を尋ねたら
「今日はお天気が良いからぜひ歩いてこの町を見てね!」なんて声をかけてくれたりしました。

通訳や英語講師のしごと

大学で日本に戻り、広告代理店に就職。
洋画を見てビデオパッケージの裏面に載せるあらすじを日本語でまとめる仕事をしていました。
職場には当時英語を話せる人が少なく、
オードリー・ヘップバーンさんの通訳をさせていただいたこともありました。

オードリーサイン

オードリー・ヘップバーンさんのサイン

その後は英語講師として海外勤務のビジネスマン向け英会話講習や
大学、小学校でも教えていました。

しかしあくまでも日本式の教え方だったので、
いつか私が海外で受けてきた自己肯定感を育てるような方法で
日本の子ども達に授業をしたいと思うようになりました。

英語教材

仲間との出会いと、やりたかった英語授業

元々は加須に住んでいましたが、子育てを終え、夫と二人で過ごすための場所を探しはじめました。

のんびりした所で暮らそうと最初は他県で探していましたが
不動産屋さんからたまたま教えてもらったのが宮代町でした。

都会過ぎず田舎すぎず、何不自由なく揃っているけれど緑が多い。
このハイブリッド感がすごくいいですよね。


無印

好きな建物は宮代町役場。
木の温もりと窓から差し込む光、開放感がなんとも素敵です。

役場写真

私の住んでいるまわりにはアクティブな子育て世代が多く、子どもたちをよく見かけます。

宮代に越してきてすぐ、子どもの居場所作りの仲間たちと出会い、活動する中で
やりたかった英語授業を日本の子ども達に実践できることになりました。

英語授業3

円になって座り、みんなで意見を出し合います。


「友だちと同じじゃなくていいんだよ」ということや
「〇〇してはダメよ」ではなく「〇〇していいよ」と伝えたい。
それが自己肯定感につながっていくと思います。

「宮代は日本のフィンランド」結成

2020年の秋に、あるワークショップに参加しました。
対話をした中で「海外の人にもっと宮代に来て欲しい。
観光案内所があったらいいな。」と話したのがきっかけで、
「宮代は日本のフィンランド」を結成しました。

宮フィンメンバー

このチームでは、宮代の美しさをSNS投稿したり、
フィンランドの文化を宮代で知ってもらう活動に取り組んでいます。

写真展やイベント出店、
みやしろイルミネーションに参加など、色々楽しいことをしました。

宮代イルミ

noumachi写真展

宮代はたくさんイベントがあり、町民同士仲良くなれるチャンスが沢山あります。
また、それを応援してくれる懐の深さを感じます。

フィンランドは幸福度世界1位と言われていて、それはどうしてかな?と考えると
ゆとりを持って生きることができるからかも知れません。
だとしたらそれは宮代でも叶っている気がします。

色んな角度から楽しめるこの町は、万華鏡のよう。まだまだ余白があり可能性があると思っています。


【編集後記】

初めて移住者インタビューの記事を担当しましたが、親しくさせていただいている真紀さんがゲストとの事で、これは私が書きたい!と思いました。真紀さんは、奥ゆかしさもありながら、何にでも物おじせずトライし、熱い情熱を持っている女性。英語で言うとスマートでしょうか。脳ある鷹とは真紀さんのこと。今後の活躍が楽しみです。

(横川直美) 取材日 令和4年2月4日

宮代は日本のフィンランド

\ 宮代町が気になったら /

Recommendおすすめ

宮代ってこんな町

お祭りもイベントもみんなで手づくり。個性を大切に新しい交流を育む。

2019.03.14

宮代暮らし-vol.9 心の根

自然が教えてくれること

2021.03.31

宮代暮らし-vol.8 竹

身近にあるアートに遊ぶ

2020.11.27

水と緑の散歩道を行く

宮代の自然を歩く!走る!

2020.06.30

宮代暮らし-vol.7ぬくもり

伝えたい 暮らしの楽しみ

2019.11.25

田植え看板

宮代暮らし-vol.6 里山

ほっつけではじめての田植え

2019.05.31

日本工業大学生 通学風景

大学がある町っておもしろい!

日本工業大学で『子ども大学みやしろ』が開催されました

2018.12.12

準備をする従業員さん

思いをつなぐ ECO-cafe

障がいがあっても社会とつながり、働きたい。「MINT」がつなぐ思いとは

2018.07.01

農業を近くで感じよう

稲刈りとぬか釜ご飯を味わう

2021.10.28

今、そこにあるものを食べる喜び

まちぐるみで進める地産地消の取り組み ~宮代地産地消のお店

2021.03.19

つるし飾り

街が華やぐ 手作りのおひな祭り

ものづくりが好きな人たちの情熱とつながりが一足早い春を呼ぶ

2019.02.27

太鼓

宮代町民まつり

宮代の夏を熱く盛り上げる町民まつりのご紹介です

2018.07.01

きのこ

秋のキノコ観察会

山崎山には自然がいっぱい。キノコの力を学んできました

2018.07.01

つくし

春が来た!野草観察を楽しむ会

「見る・嗅ぐ・聞く・味わう・触れる」自然で体感する五楽体験

2018.07.01

パパとママがほっとできる時間を

移住者インタビューVol.8「地域子育てサロン」企画委員としての出会い

2021.03.08

松村 淳さん 笠原小学校にて

この街で育った感性

移住者インタビューVol.7 戻って来て感じた心地良さ

2020.08.31

この街で本格ドイツパンを

移住者インタビューVol.6 地域とのつながりを大切にパンを作り続ける

2020.03.30

森を背景にした家族写真

自然が身近にある心地よさ

移住者インタビューVol.5〝こどもじかん”を大切にスローライフを楽しむ

2019.09.24

やさしい人たちとの出会い

移住者インタビューVol.4地元を盛り上げる活動をしている佐々木敦子さん

2019.03.25

キャンドルナイト

宮代暮らし-vol.5 光

きらめきの世界へ

2018.12.28

楽しいツリークライミング

宮代町の雑木林で ツリクラ体験

わくわくドキドキ!宮代の森・山崎山で体験するツリークライミング

2018.07.01

東武動物公園駅に西口駅前広場

宮代の玄関口が完成!テーマは「鉄道の記憶」と「宮代町らしさ」

2018.07.01

芝生広場

親子でワクワクできるイベント

~遊びに行く・お店を出す・みんなでイベントを作り上げる~

2019.12.23

茹でているところ

みやしろの郷土料理を体験!

小学校1年生の息子が調理を通してちょっぴり成長

2020.01.23

ハーブで癒しのひとときを

爽やかな風に誘われて新しい村のメディカルハーブガーデンをお散歩

2019.06.11

宮代暮らし-vol.3 桜

みやしろの桜に癒される暮らし-こんな風に暮らしたい

2018.07.01

宮代暮らし-vol.2 逢

人との出逢いに癒される暮らしーこんな風に暮らしたい

2018.07.01

ゆったりとした時間の中で

移住者インタビューVol.2子育てしながらcafé開業の夢を叶えました

2018.07.01

宮代暮らし-vol.4 空

いつも ここにある 自由

2018.07.10

文化的なこの街に魅かれて

移住者インタビューVol.1この街へ移り住んだガラス工芸作家塚村剛さん

2018.07.01

ルソントさん こだわりのバゲット

理想の地・宮代でパン屋さん

ここだけの天然酵母パンづくりを!「ルソント」の間仲さんを訪ねました

2018.07.01

土に癒されるくらし

宮代暮らし-vol.1 土

みやしろで土に癒される暮らしーこんなふうに暮らしたい

2018.07.01

空から見た街並み

整備された新しい街並み

若いファミリーがいっぱいの新しく元気な地域・宮代町道佛地区周辺情報

2018.07.01

すうぷ屋さんメイン画像

世界のすうぷ屋さんin宮代

農でつながる ほっとイベント

2018.11.12

「おすすめ」の記事をもっと見る

Local Information地域情報

ページトップ