「宮代で暮らそっ」内をフリーワードで検索

この街で育った感性

移住者インタビューVol.7 戻って来て感じた心地良さ

2020.08.31

松村 淳さん 笠原小学校にて

 松村 淳
陶芸家 宮代町出身
2018年Uターン

粘土をろくろでひき、乾いた状態の土を削っておおよその形を作り出し、素焼きをした後に「やすり」「削り」を繰り返して洗練されたシャープな形を生み出す。日本の現代工芸において期待の新進陶芸家として注目されている松村淳さんは笠原小学校の卒業生です。高校卒業後アメリカへ留学、帰国後多治見と金沢で陶芸の修行をされ、香港で活動後、宮代町に戻って来られました。


器の機能的突然変異を起こす

松村 淳さんの作品

私はアメリカの大学で海洋生物学を専攻していました。海の生き物の生態を調べ進化の歴史を考察する。
そのロジックで「器」というものを考えた時に、器はその時代の生活環境によって形が変わり、
使われなくなったものは淘汰されていきます。「器も進化している」ならば、
器の系統樹の末端にいる自分が突然変異を起こしてもいいのではないかと思いました。

松村 淳さんの作品 松村 淳さんの作品

アメリカ生活で興味を持った日本文化

高校卒業後、語学留学を経て大学へ入学しました。そこでカルチャーショックを受け、
ホームシックになりました。日本が恋しくて、日本食を自炊するようになりました。
その時に盛り付けをする「器」に興味を持ちました。

それから興味を持って器を見るようになりましたが、
いわゆる「名器」とよばれる作品の良さが全くわかりませんでした。

松村さんの制作風景 松村さんの制作風景ー手元写真松村さんの制作風景ー手元写真

いろいろな経験をして、多くの作品を知り、今は名器の良さがわかります。
それは瞬間の想いが高度な技術で凝縮されたもので、作ろうと思って作れるものではないのです。

それをなんとなく感じていたからでしょうか、アメリカにいた時は
器は好きでしたが、自分で作ってみようとは思いませんでした。

こういう器でもいいんだ

作品を見る松村さん

大学を卒業したのはリーマンショックの頃で、日本で就職活動をしましたが
なかなか決まらずカフェでバリスタのアルバイトをしていました。
アルバイト先にいろいろな器の雑誌があってそれを休憩時間によく眺めていました。

伝統的な陶芸は難しそうだと思っていたのですが
若い作家さんの作品でメタリックな釉薬を使ったものを見た時に
「こういう器でもいいんだ」と思ったのが陶芸をやってみようと思ったきっかけです。

磁器は気持ちが良い

松村 淳さんの作品

就職活動を止め、陶芸を学ぶために多治見市陶磁器意匠研究所へ入りました。
そこで2年学び金沢卯辰山工芸工房で3年経験を積みました。

工房では作家としてブラッシュアップしながら
金沢の文化を学ぶために茶道、花道、書道等の稽古も受けました。

松村 淳さんの作品ー制作過程 松村 淳さんの作品ー制作過程松村 淳さんの作品ー制作過程

磁器の制作を選んだのは、触っていて気持ちがいいのと、
ろくろでの制作が難しく難易度が高いからです。私はその難しさに惹かれました。

また磁器は子どもの頃大好きでよく作っていたプラモデルのプラスチックの感じに
近いと思いました。私が刺激を受けたアニメやゲームや映画の
近未来の世界観が一番表現できるのが磁器だと思っています。

制作活動に適した環境

町を散歩する松村さん

宮代町は私にとって制作に集中できる環境です。
都会へのアクセスが良いので、刺激(インプット)が必要な時は
電車で出かけて美術館を巡ったり人に会ったりします。
そして自分の制作と向き合う時(アウトプット)は
いい意味で静かなので、集中することができます。

町内の施設では図書館が好きでよく行きます。
開放的な空間で気持ちよく過ごすことができます。

朝ジョギングをする道にはいろいろな花が咲きます。
美しい花を見ながら季節の移り変わりを楽しんでいます。

小学校は刺激的でした

笠原小学校に訪れた松村さん

宮代町へは私が小学校に入学するのをきっかけに引っ越ししてきました。
両親は田舎暮らしに憧れていましたが、都内へ通勤していたので
交通の便がいい場所を探していたそうです。

母校の笠原小学校は、小学生にとってツッコミどころ満載の建物でした。
「なぜここにこれが?」という決して機能的ではない構造物があちこちにあって
その中に入ってみたりよじ登ったりして遊びました。

笠原小学校に訪れた松村さん 笠原小学校 校舎笠原小学校に訪れた松村さん

学校では裸足で過ごすので1階のあちこちに足を洗う場所があります。
でもそれ以外にも水場がいくつもありました。
中庭にある大きなじゃぶじゃぶ池や、流れた水が反対側へ伝って流れる手洗い場。

私にとってミステリアスな場所だったのは
なぜか2階にあった人工池でした。

開放的な校舎なので虫や鳥たちとの距離が近いし
木登りできる木があったり、今思うと楽しかったですね。

笠原小学校に訪れた松村さん

変わっていくこの町と一緒に

宮代町に戻って来た時に、昔より町全体が洗練されたなと感じました。
そして町内にはいろいろな方面のクリエイターがいることがわかってきました。
地元に長く住んでいる方もいれば移住されてきた方もいます。
そういう方たちとの交流の機会も持てるようになってきました。

私もこの町のクリエイターの一人として
陶芸の楽しさを多くの方に伝えていきたいので
自分の工房で陶芸教室を始めることにしました。

これから先も変わっていくであろうこの町と一緒に
私も成長したいと思います。

宮代町に戻って感じたことは?「進化している」

 

 

【編集後記】

松村さんの作品を初めて見たとき、謎めいた世界観に心が揺さぶられました。草木が萌えるようにも見え、宇宙へ突き抜ける硬質な船にも見え。もやもやを抱えたままご本人にお話しを伺って、宇宙のほうが正解でそれが松村さんが意図的に起こした突然変異だということで、若い感性は本当に面白いなと思いました。穏やかなお人柄の中に潜むいたずら心。茶道の茶碗も松村さんが手掛けるとこんなスタイルに!       

(よん)取材日 令和2年8月3日

松村 淳さんの作品

 

 

<関連リンク> 

「移住者インタビュー」バックナンバー     /   「宮代暮らし」バックナンバー

 

「みやしろ」が気になったら...こちらもどうぞ!

Recommendおすすめ

宮代ってこんな町

お祭りもイベントもみんなで手づくり。個性を大切に新しい交流を育む。

2019.03.14

宮代暮らし-vol.7ぬくもり

伝えたい 暮らしの楽しみ

2019.11.25

田植え看板

宮代暮らし-vol.6 里山

ほっつけではじめての田植え

2019.05.31

この街で本格ドイツパンを

移住者インタビューVol.6 地域とのつながりを大切にパンを作り続ける

2020.03.30

森を背景にした家族写真

自然が身近にある心地よさ

移住者インタビューVol.5〝こどもじかん”を大切にスローライフを楽しむ

2019.09.24

やさしい人たちとの出会い

移住者インタビューVol.4地元を盛り上げる活動をしている佐々木敦子さん

2019.03.25

「おすすめ」の記事をもっと見る

Local Information地域情報

七福神のうどん

うどん七福神(しちふくじん)

2018.06.09

cafe こかげの定食

cafe こかげ

2018.06.09

どさん子大将のラーメン

どさん子大将

2018.06.09

ランチ

Cafe GoDoGoDo(カフェ ゴドゴド)

2019.09.25

Ten Queen’s Tableのケーキ

Ten Queen’s Table(てん くいーんず てーぶる)

2018.06.11

マンナのビビンバ

韓国料理 マンナ

2018.06.09

あきのお弁当

べんとう あき

2018.06.10

すぎちゃんの焼き鳥

やきとり すぎちゃん

2018.06.11

彬のラーメン

麺屋 彬(あきら)

2018.06.09

に.comiの店頭

焼き鳥に.comi(やきとりにこみ)

2018.06.11

酒味のからあげ

創作ダイニング 酒味(しゅみ)

2018.06.11

インド食堂 ヒマラヤン

2018.05.23

アンリンさんの棒餃子

アンリン

2018.06.10

きくちの店内

パブレストラン きくち

2018.06.11

坂巻生花店

坂巻生花店/アレンジ教室フラワーメイト

2020.08.27

森のカフェのカレー

森のカフェ

2018.06.09

戸田屋の店頭

すし 戸田屋(とだや)

2018.06.09

一茶宮代の店頭

純手打そば 一茶宮代(いっさみやしろ)

2018.06.09

ギフト

hair creation gift

2020.05.12

フォルモサのタピオカドリンク

台湾Tea&Foods Bar Formosa(フォルモサ)

2019.09.06

道案内カフェ

道案内カフェnoumachi

2020.02.18

前野屋の店頭

前野屋(まえのや)

2018.06.09

King’s BARのビリヤード

King’s BAR(きんぐすばー)

2018.06.11

インドレストラン&バー SPICE 写真

インドレストラン&バー SPICE

2020.04.08

えっちゃんの店頭写真

焼き鳥 えっちゃん

2018.06.10

串正の店内

居酒屋 串正(くしまさ)

2018.06.11

松葉鮨

松葉鮨

2018.06.08

鳥七の店頭

肉の鳥七(とりしち)

2018.06.10

ぶどうの樹の店内

福祉の店喫茶 ぶどうの樹 進修館店

2018.06.09

小麦のお好み焼き

お好み焼き 小麦

2018.06.09

えちごやの店頭

レストラン ゑちごや(えちごや)

2018.06.09

Cadeauのお菓子

Cadeau [kado](かど)

2018.06.11

龍盛房のラーメン

龍盛房(りゅうせいぼう)

2018.06.09

一力

日本料理・寿司・割烹 一力

2018.06.05

とんとんのカレー

カレーハウス とんとん

2018.06.09

ヴィドフランスの店内

ヴィドフランス 東武動物公園店

2018.06.10

Panetteria Il pinolino(パネッテリア イル ピノリーノ)写真

Panetteria Il pinolino(パネッテリア イル ピノリーノ)

2020.04.08

ゆるり蔵

ゆるり蔵

2019.08.21

山形の台所居酒屋

山形の台所居酒屋

2020.05.13

カルチャーサロン優遊

カルチャーサロン優遊(ゆうゆう)

2018.06.11

なごみランチ

呑べぇ かあちゃんの気まぐれ料理 なごみ

2019.09.30

阿さま

阿さま

2020.02.18

ショーケース

labo

2019.09.18

新しい村 写真

新しい村

2020.04.08

八宝堂の茶マン

八宝堂 学園台店(はっぽうどう)

2018.06.11

Supremoのパスタ

pasta & gratin Supremo(すぷれも)

2018.06.09

京屋のそば

京屋(きょうや)

2018.06.09

織ちゃんの店頭

支那そば 織ちゃん(しなそば おりちゃん)

2018.06.09

LA GRIGLIA(ラ・グリーリア)写真

LA GRIGLIA(ラ・グリーリア)

2020.04.08

八宝堂の和菓子

凮月堂 学園台店(ふうげつどう)

2018.06.11

湖国の佃煮

小魚・佃煮の店 湖国(ここく)

2018.06.10

八宝堂の和菓子

凮月堂 中央店(ふうげつどう)

2018.06.11

yumeの店主

G&S 夢(ジーアンドエス ユメ)

2018.06.11

「地域情報」の記事をもっと見る

ページトップ