「宮代で暮らそっ」内をフリーワードで検索

宮代町で田植え体験

6月、新しい村にある「ほっつけ田」で行われる田植え体験が人気です!

2018.07.01

新しい村ほっつけ田

江戸時代の水田開発の方法を今に伝える貴重な田んぼ「ほっつけ田」。新しい村にある「ほっつけ田」で開催された田植え体験に参加したスタッフの取材記事です。

※この記事は「みやしろで暮らそっ」のバックナンバーから反響の大きかったものをリライトしたものです。
(2016年6月スタッフブログより)


6月に入り、紫陽花がきれいに咲き始めました。

あじさい
関東はまだ梅雨入り前。おだやかな天気に恵まれて、新しい村 で田植え体験イベントが開催されました。

ほっつけ稲体験
「ほっつけ田」とは「掘上田(ほりあげた)」が変化したものらしいのですが、昔、沼地だったこの一帯を活用し稲作をする為に、江戸時代から行われてきた水田開発の方法を今に伝える貴重な田んぼなのです。

わくわくしながら待っている間に、参加者のみなさんにお聞きしたところ、東京の代官山や千葉の松戸など、遠くから沢山の方が参加してくださっていました。

いざ!ほっつけへ
宮代町民なら、「広報みやしろ」でこのイベントのことは知ることができますが、遠くから参加した方たちは「田植え体験」で検索して「新しい村」の風景を選んでやって来てくださったそうですよ。

 新しい村「村の集会所」に集合して、準備開始。
持参した、汚れても良い靴下に太めの輪ゴムを巻いて、いざ!ほっつけ田へGO!


ほっつけ田に入る前に、新しい村の原っぱにある井戸で、地下水をくみ上げる体験もしました。終わった時には、水浴びをするチビッコ子達もいて、気持ち良さそうでした。

さて、ほっつけ田に到着。

ほっつけ田へ到着
苗を受け取って、いよいよ田んぼへ入ります。

田んぼに入る
田植えは、みんなで横一列にならんで、ほっつけ田に渡してある紐に付いている目印の通りに苗を3本づつ、しっかり泥の中に差し込みます。
そうしないと、あとで水を入れた時に倒れてしまうそうです。

そして一列植え終わる毎に、ほっつけ田の両脇で、係のおじさん二人がひもを移動。それを繰り返しながら少しずつ植えていきます。


最初は、なんだか汚そう、怖そう。。。と入るのをためらっているお子さんもいましたが、こわごわ田んぼの中に入っていた子も、だんだん泥に慣れて楽しそうな表情に。

飛び出てきた小さなカエルと仲良しになったり、泥の感触を楽しんでいました。

泥は表面は温かく、中は少しひんやりして、何よりあの感触がたまらなく気持ちいい~

夢中になって1時間半、無事に植え終わりました。

田植え終了
ほら!なかなかいい感じでしょ。みんな「また来たーい!」って言っていました。

記念写真
田植えを終え、手足を洗っていたら、草むしりに来てくれていた「水と緑のネットワーク」さんが、ろうばいの実を見せてくれました。(花はいい香りなんだけど、実は種に毒があるから食べちゃだめだそうです)

ろうばいの実は食べちゃダメ
それからカルガモの卵もこっそり見せてくれました。

かるがもの卵
無事にふ化して、ママガモの後を上手に泳いでね


東武動物公園駅から歩いて15分で、こんなに自然と触れあえる町って素敵だと思うのです。皆さんもぜひ遊びに来てくださいね。

詳しくは宮代町のホームページをみてね。

\ 宮代町が気になったら /

Recommendおすすめ

宮代ってこんな町

お祭りもイベントもみんなで手づくり。個性を大切に新しい交流を育む。

2019.03.14

みやしろイベント情報【1月】

新春のイベント情報

2020.12.31

水と緑の散歩道を行く

宮代の自然を歩く!走る!

2020.06.30

日本工業大学生 通学風景

大学がある町っておもしろい!

日本工業大学で『子ども大学みやしろ』が開催されました

2018.12.12

ペンギンを撮影する二人

たまらなく、いとおしい動物たち

優しさのめぐりあう公園~東武動物公園ファンによる特別リポート~

2020.08.20

準備をする従業員さん

思いをつなぐ ECO-cafe

障がいがあっても社会とつながり、働きたい。「MINT」がつなぐ思いとは

2018.07.01

「おすすめ」の記事をもっと見る

Local Information地域情報

ページトップ