「宮代で暮らそっ」内をフリーワードで検索

世界のすうぷ屋さんin宮代

11月25日(日)開催!
農でつながる ほっとイベント

2018.11.12

すうぷ屋さんメイン画像

〝地域を盛り上げよう!″というイベントは
いつもあちこちで開かれている
「世界のすうぷ屋さん」も そんなイベントのひとつ

世界のすうぷ屋さんチラシ

獲れたての地元野菜を
最高に美味しい状態で味わってもらいたいから

宮代町にあるいろいろな国の料理店が
腕に寄りをかけて自慢のスープを作ってくれる

イギリスのスープ スープを作る湯浅さん 餃子スープ

会場はたくさんの子どもたちと一緒に作った
〝パペルピカド″という
メキシコの切り絵ガーランドで飾る

パペルピカド

どこからともなく ダンスパフォーマーが出てきて
アフリカンダンスを踊ったり
カホンというペルーの太鼓を作って
叩いて遊ぶワークショップがあったり


多肉

ステンドグラス
新しい村というフィールドで

自分たちが 楽しいと思うこと
おもしろいと思うこと
かわいいと思うこと
おしゃれだって思うこと

そういうことを集めて 
ひとつの世界を作ろうと思う

みんなですうぷ

〝どうしたら盛り上がるか″
ということはあまり考えていない
それよりも 「自分たちがとことん楽しもう!」
っていう気持ちがまずは第一

そういう思いで 実行委員をやっている私たち

日工大シンポジウムでの発表
商売はそんなに甘くないって 言われたりしながらも

知り合いと知り合いが つながっていくおもしろさや
特技やアイディアが 形になっていく楽しさが

最終的に 「産業の活性化」とか
「地域振興」とかに 結びつくんじゃないかって信じてる

モルタルで植木鉢を作る女子

実行委員は子育て中の女子ばかり

結婚したから 子どもができたから
〝やりたいこと″は〝やりたかったこと″になった

自分のことを後回しにする日々に
何がやりたかったのかさえ わからなくなった

100%の力を出さなければ 
やりたいことはできないって
いろいろなものを諦めてきたように思う

動画製作風景
でも等身大の自分で 今いる場所で
子育て経験も日々の失敗もぜんぶ活かして
やれることをやればいい

そうしたら  楽しそうだねって人が集まってくる
大変そうだねって 助けてくれる人がいる

一人ではできなかったことが 
いつの間にかできるようになっていた

スワッグ

「世界のすうぷ屋さん」は
この町で 私たちが作るひとつの世界

マンカラの大学生

森の中であそぶ子どもと先生

私たちの楽しいが
たくさんの人の楽しいになって
そしてそれぞれに 素敵な出会いがありますように

あたたかいスープと一緒に
あなたをお待ちしています

すうぷ

関連リンク
世界のすうぷ屋さん公式Facebookページ
宮代町役場ホームページ お知らせ

「みやしろ」が気になったら...こちらもどうぞ!

Recommendおすすめ

「おすすめ」の記事をもっと見る

ページトップ