人との出逢いに癒される暮らし


大きな国道からそれているこの町には
チェーン店というものがあまりないそうだ

そのかわりに
個人営業の個性的な店が
頑張っている印象がある

オープンしたてのカフェを見つけた
緑の中に佇む 隠れ家のような建物
少し緊張しながら ドアを開けた



小ざっぱりした店内

高い天井を見上げると
慌ただしい日常から ふと切り離されて
深くゆっくりと呼吸をした



店主の女性がにこやかに迎えてくれた

この町出身の地元の人だ
話していると共通の知り合いがいることがわかって
なんだかほっとした

のんびりした時間を過ごして
帰り際に 近々開催されるという
町のイベントを紹介してもらった

店主も出店するという

ここは 新しい村

買い物もできるし 広い原っぱで遊べる
家族でよく行く場所だ

イベントではその歴史についての話を聞いた

江戸中期に行われた新田開発

自然の沼地の泥を掘り上げて作る水田は
掘り上げ田(ホッツケ)と呼ばれ
陸地と水路が交互になった形で
上空から見ると櫛(くし)のような形状をしているらしい


戦後次第に姿を消したホッツケが
ここに復元され
豊かな実りと命を育んでいる



店主を見つけて 声をかけた



知り合いが増えていくのは
嬉しいことだ



買い物をしたり 田んぼで遊んだり
家族で楽しい一日を過ごした


「昔は船に乗って田植えしたもんだよ」
通りかかったおばあちゃんがそう教えてくれた

人と出逢い 

豊かな自然の中で
自分たちも ゆっくり

ここの人間になっていく

そんなふうに感じた日だった

今回撮影にご協力いただいた根本さんファミリー。宮代町に移住して2年目。

ご主人は都内の会社にお勤め。奥様の実家へのアクセスが良く、ハザードマップを調べて災害が少なそうだと宮代町への移住を決めたそうです。

お休みの日はご主人の実家がある鹿島まで鹿島アントラーズの試合の応援によく行くとのこと。
「鹿島へは1時間40分で着きます。主人がアントラーズファンなんです。」この日はフォトジェニックコーナーで紫いも帽子を被った奥さんでした。


※今回の記事は、移住された方々からのインタビューを取りまとめ、編集したものです。



みやしろで土に癒される暮らし


都会では土を触ることなどなかった

忙しい毎日や
人との関わりの中で感じるストレス
そして自分へのイラ立ち

そんなものに
押しつぶされそうになる経験はだれにでもあるかもしれない

子供が大きくなってきて
マンションの下階の住人から苦情が来るようになった
「静かに!」「走っちゃだめ!」と繰り返す日々のなか 都会の狭い空を見上げて思った

「田舎に住もうかな・・・」


通勤に便利で自然があるところ
一戸建ての庭付き賃貸もある
ショーウィンドウで知る先取りの季節ではなく
ここにはたっぷりの自然と
ゆるやかな時の流れがある


近所で畑を借りられた
生まれて初めての農作業
土に鍬(くわ)を入れると 
素人目にも肥えた土が現れる


やわらかな土に足を取られながら
どうにか苗を植えた

なぜだろう
こうして歩いていると
わくわくしてくる
これは 子供の頃のあの感覚・・・


無心になって土に向き合うと
日頃の疲れとは違う心地よい疲れに包まれて
ぐっすり眠る

土は気持ちがいい


「宮代町ってどこ?」と聞かれると
「東武動物公園があるところ」と答えるようにしている
町の知名度は低いかもしれないが
そんなこと子どもたちには関係ないらしい

ここに来て 子供たちが変わった
体力がついた
子供らしくなった


野菜を育て始めると
最初は同じ緑色にしか見えなかったのに
葉を見て種類がわかるようになってきた
特に世話もしないのに
野菜はぐんぐん成長して
子供と一緒に収穫できた


季節を楽しみ
おいしいものを食べ
笑って暮らす毎日

ここが家族のふるさとになる

今回撮影にご協力いただいた石田さんファミリー。宮代町に移住して3年目。写真の他にも、小学生のおねえちゃんが2人いる6人家族。ご主人は都内で美容室を経営。
お休みの日は新しい村でザリガニを獲ったり、自然の中で遊ぶことが多いそう。「みやしろには個人が頑張る個性的な飲食店がいろいろあって、そういうお店をめぐるのがおもしろいです。10月の新しい村でのイベント、里山マルシェも楽しみです」

※今回の記事は、移住された方々からのインタビューを取りまとめ、編集したものです。

<関連ページはこちら>

【 撮影協力 】
日本工業大学 写真部
A.YASUTA
K.OGAWA
宮代町の情報満載です♪