Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • 子どものアレルギー豆知識

    2019年3月17日
  • 亀田 玲子 亀田 玲子
    私は、月曜日、子育て相談員の亀田玲子です。 平成25年4月より、みやしろ保育園の中にありましたきしゃぽっぽから担当させて頂いています。 一年、一年の子ども達の成長やお母さん達との出会いをとても楽しみにしています。 週に一度ですが、どんな小さな事でも一緒に考えながら、子ども達を見守っていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

    春先になると「目がしょぼつく。鼻水が…」などと良く聞きます。又、最近アレルギーに対しての関心が高まり、以前にも増して大変注目されていますが、かかっている人とそうでない人では大きな差があるようです。
    先日、アレルギー性疾患の講演会があり聞いてきました。どれも興味深いものでしたが、子供たちに関係する事をお伝えしたいと思います。
    1、食物アレルギー  ある食物に対して過敏に反応してしまう
    基本病態 『痒み、咳、下痢、嘔吐などが現れる』
    乳幼児期:鶏卵・牛乳が二大要因。その他小麦やピ¬ーナッツ
    思春期 :乳幼児の食品にナッツ類などが加えられる
    成 人:甲殻類(エビ、カニ)果物、野菜
    などが良く言われている食品であるが、一人ひとり原因が異なるので決めつけてしまうのは間違い。又、アナフィラキシーショック(全身にアレルギー症状が出て生命に危機を与える)の場合は、危険事態なので専門医に迅速な処置を受ける。
    2、小児気管支喘息  呼吸をする時空気の通り道が狭くなり苦しくなる
    基本病態 『慢性の気道炎症(ゼイゼイ、ヒューヒュー)と発作』
    原  因:ダニやたばこの煙、大気汚染などが基本的に考えられる又、運動によっても(冷たい空  気を吸う)呼吸困難におちいる場合もある。
    治  療:ダニなどは布団に掃除機をかける。風邪やインフルエンザの予防に心掛ける。又、薬物治療としてステロイド系が用いられているが、主治医とよく相談して使用する。
    3、アトピー性皮膚炎 痒みのある湿疹
    基本病態 『良くなったり悪くなったりを慢性的に繰り返す』
    乳 幼 児:頭、顔に始まり背中や手足などに広がる
    幼児・学童:首の周り、ひじやひざ関節の内側、裏側に現れる
    思春期成人:上半身、顔、胸背中などに現れやすい
    原   因:遺伝的素因や体質が影響されるとも考えられる
    治   療:薬物療法(ステロイド外用薬)スキンケア(皮膚を清潔保持)悪化要因の対策(日常生活や食事に注意。これは食物アレルギーや喘息などと共通)
    最後にパネルディスカッションがあり、子どもも大人も年齢に関係なく悩んでいる方々の多い事に驚きました。途中で止めずに気長に対応。人により使用する薬や治療方法は様々。よく経過を観察して、むやみに情報に惑わされず医師と相談しながら進める事。と、どの先生方もおっしゃっていました。
    少しでもお役に立てれば幸いです。