Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • その気にさせる魔法の言葉

    2018年12月14日
  • 亀田 玲子 亀田 玲子
    私は、月曜日、子育て相談員の亀田玲子です。 平成25年4月より、みやしろ保育園の中にありましたきしゃぽっぽから担当させて頂いています。 一年、一年の子ども達の成長やお母さん達との出会いをとても楽しみにしています。 週に一度ですが、どんな小さな事でも一緒に考えながら、子ども達を見守っていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

    来年は平成から新しい年号に代わる記念すべき年。どんな一年になるのでしょうか。今から楽しみですね。
    最近、1~2歳になった子ども達の成長に目を見張る事がありました。すべり台を滑る時、不安いっぱいでためらっている子に、何とか滑れるようにと少し手をかしたところ、怖がりながらも滑る事が出来ました。「うわあっ!滑れたね、上手上手。」と手を叩きながらほめたところ、その子は「そう?じゃあもう一度やってみる!」と二度、三度とチャレンジしているうちに自信がついてきて、上手く滑れるようになったのです。挑戦してから自信がもてるようになるまでの速さには目を見張るものがありました。「すごいね!できたね!頑張ったね!」は「魔法の言葉」である事を改めて実感しました。人はいくつになって「褒められる」という事を嫌がる人はいません。大人でも、いつでも仕事上で注意されたり、ダメ出しばかりされたら、出来る事も出来ずに落ち込んでしまいますよね。

    そんな時に大切な「心の発達」も一緒に成長させられたら嬉しいと思います。
    ■相手を尊重する心
    一方通行ではなく、お母さんが子どもと同じ目線になる。Yes・Noで答えられる問いかけではなく、子どもが考えて答えられる質問の仕方を心がける。
    ■ぶれない心
    何でもいいから一つの事を続けて積み重ね「出来る」という自信につなげる。朝の挨拶、お箸をきちんと揃えるなど、目標を決め促しながら続けさせる。
    ■前向きな心
    嫌な事があった時でも挑戦する心を養う。先ずはお母さんが何にでも進んで取り組み、楽しむ姿を見せながら最後までやれるようサポートする。

    褒めるという行為は、挑戦して出来るようにさせる「魔法の言葉」だとつくづく思います。
    そんな、目を見張るような成長をしっかり見つめ、少しでも進歩している事を大切にしながら、見守っていきたいものです。