Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • 脳を育てる

    2018年9月11日
  • 亀田 玲子 亀田 玲子
    私は、月曜日、子育て相談員の亀田玲子です。 平成25年4月より、みやしろ保育園の中にありましたきしゃぽっぽから担当させて頂いています。 一年、一年の子ども達の成長やお母さん達との出会いをとても楽しみにしています。 週に一度ですが、どんな小さな事でも一緒に考えながら、子ども達を見守っていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

     先日「脳を育てる声かけ・働きかけ」という講座を受けて来ました。
    「幼少期は脳の発達にとって、とても大切な時期である」という事でした。その講座のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。
    3つの脳の成長
    ① からだ脳…生きる為の基本の機能(脳幹、間脳、脳の芯にあたる部分)
     呼吸、自律神経、睡眠、食欲や情動など規則正しい生活からの刺激を受け、0~5歳まで盛んに育つ(五感の発達が養われる)
    ② おりこうさん脳…言葉、手指の微細運動や学習など高度な機能(大脳皮質:つまり頭脳を司る部分)
    大人の会話や遊びから刺激を受けて、1歳頃から育ち始め(1~18歳)学校での学習(学童期6歳~14歳)で飛躍的に成長する
    ③ こころ脳…①と②をつなぎ前頭葉を働かせる為の機能。前頭葉は大脳皮質で最も高度な機能
    論理的思考を初め、さまざまな体験をする事で情緒が発達したり、場に即した言動が出来るようになったりする。主に10歳以降18歳位までに完成する。つまり、からだ脳の土台があり、おりこうさん脳、こころ脳と積み重ねながら成長するようです。
    これらの脳の発達は「早寝、早起き、朝ごはん、朝トイレ。充分な睡眠」などの基本的な生活習慣を送る事でより高められます。昔から言われて来た事が以前にも増して科学的に、より証明されたという事です。
    ひとつ、最後にとても大切な事を話されていました。
    成長に合わせて甘えさせ方を少しずつ変えながらもたっぷりと甘えさせる事で、色々な困難を受け止め、それが、勇気となり、自信となり、子どもの心を支え続けるそうです。成長過程で上手に甘えさせて貰った子どもは、自分や周りの人を大切にし思いやる事が出来ます。「心が育つ」と言う事は社会へ出て「自分を信じ、自ら頑張れる大人になれる」という事でした。
    何事も焦らず、ありのままを認めて、ゆっくりと育みたいものです。