HOME >> 特集バックナンバー >> 働く人特集「働く人を癒す人たち」

スペシャルメニュー

今ご覧になっているページは、旧みやしろで暮らそっのページです。
ページをご覧になったら、このウィンドウを閉じて、新みやしろで暮らそっにお戻り下さい。

“その他”に関する特集

働く人特集「働く人を癒す人たち」

 

今回の特集は、宮代町で"癒し"のお仕事をしている方にスポットを当ててご紹介します。

皆さん、お仕事の頑張りすぎで疲れがたまっていませんか? そんな時は、会社帰りにちょっと寄り道をして、気分を変えて帰宅するのもいいですよね。

これからご紹介する3人の方は、働いて頑張っている人も"癒してくれるお仕事"をしている方たちです。地元にも探せば癒しのスポットや方法がありますよ。

 

会社帰りに珈琲一杯のひととき。カフェでちょっと贅沢な時間で癒してみませんか?

写真:浅川さん

お話しを伺ったのは、「キッチン&カフェ オリーブ」の浅川さんです。

浅川さんは宮代町で生まれ育ち、会社勤めをしていたそうですが、カフェをやりたいという夢をかなえるため、学校に通い、コーヒーや店舗運営、経営について学んだそうです。

以前から、宮代町の駅前がすたれていく感じがし、カフェをオープンする際は、東武動物公園の駅前に店舗を構えようと決心しました。

駅前の店舗を探している中、いろいろな問題点も見えてきたとの事。また、カフェの夢を叶えようと一緒に頑張っていた店長であるお姉さまを開店直後に亡くされました。闘病しながらの開店準備では、何度も諦めようかと思った事もあるそうです。それでも、夢を叶えるため、頑張って開店までこぎつけました。

そんな時、浅川さんの周りには、助けてくれ、協力してくれる 方たちがいました。

「多くの方にに支えられながら今に至っています。そんな経験をしたからこそ、人の気持ちが見えるようになってきたと思っています。」とお話ししてくださいました。

作りたいのは「大人の癒しの空間。心が疲れた時、家でも会社でも見せられない顔を見せられる場所。」と言う浅川さん。だから、なんだかほっとする居心地のいい空間なのかもしれませんね。珈琲にはポリフェノールもたっぷりだし、香りにも精神落ち着かせる作用があるそうですよ。

今後宮代町をどんな町にしていきたいですか?とたずねた所・・・

「生きる歓びを感じられる町にしたいです。どうすればいいのかよくわかりませんが、自分はまず人と人のつながりから作っていきたい。ここにくれば一人じゃないという事を感じてもらうことから始めます。次にそれが食に対してでも、人に対してでも、なんでもいいので、好奇心や興味やそんなものにつながってくれればいいと思います。そうすれば、そんな町になれるような気がしています。」とおっしゃってました。

一人じゃないんだという事が感じられる温かい町、宮代町。そんな町にしていきたいですね。
ありがとうございました。

宮代町には、ホッとできる素敵なカフェがたくさんあります。皆さんもご自分のくつろげる空間、ホッとできる時間を珈琲の香りとともに作ってみてはいかがでしょうか。

マッサージで心も身体もリフレッシュして、癒してみませんか?

写真:島村さんお話を伺ったのは、「タイ古式マッサージ Jyuna(ジュナ)」の島村さんです。

島村さんも宮代町で生まれ育ち、最初はご両親の家業を手伝っていました。そんなある日、疲れをとろうとマッサージに行ったそうです。そしてこのマッサージに癒され、これを他の人にもわけてあげたくなりました。

最初は、タイの方からタイ古式を教わり、その後町外のお店で働いていました。(ちなみに、タイ古式マッサージは、ストレッチと指圧のコラボのようなもの。) でも、この職業は夜に来店するお客さまが多く、仕事終わりが遅くて、他の人を癒しながら、ご自身は疲れてしまう。毎日の通勤は終電との戦いで、電車に乗らなくてもいいように、一度は町外にも住んだそうですが、ご両親の事やご自身の疲労を考え、そして宮代町の良さを思い出し、町内に戻られご自身でお店を開きました。

「宮代町に戻ってから東日本大震災があり、自宅で両親と住んでいる事や、自分自身が自宅で仕事をしている事が、改めてとても幸せな事だと感じられました。仕事の上でも、時間を気にせずマッサージをしてさしあげられるので、いい事ばかりです。しかも、宮代町の方々は温かい人ばかりで、周りの方に助けてもらい、とても感謝してます。宮代町って、いいですよ〜。だから、私もそんな方達の癒しになれたら嬉しいです。」と、おっしゃっていました。

宮代町が大好きとおっしゃる島村さん、宮代町の方々と沢山ふれあいながら、これからも癒しのお仕事を続けていただきたいです。
ありがとうございました。

宮代町には、他にもいろいろなマッサージがあります。人によっては、マッサージが苦手で、整体の方がいいわと思われる方もいらっしゃると思います。ご自身に合った癒しの方法を見つけて下さいね。

しゃべって歌ってストレス発散! カラオケで癒してみませんか?

写真:遠藤さんご夫婦お話しを伺ったのは、「カラオケ銀河」の遠藤さんご夫婦です。

遠藤さんは、生まれは福島で10年前くらいまで、越谷に住んでいらっしゃいましたが、お世話になった方に紹介され、宮代町に住むようになりました。越して来たばかりの頃は、とても田舎でビックリし、不安になったそうです。でも、住めば都。今では「何処よりも、宮代町がいいなぁ。」と、おっしゃっていました。

最近は、隣人を知らない人も多い世の中ですが、宮代町は町中が家族みたいで、とても暖かく、いい町だと感じているそうです。お店をしていて、いつも見る人の顔が見えないと、お客さまも含め皆で心配するようです。そんな人間関係って素敵ですよね。

遠藤さんの休日の楽しみ方も、素敵でした。

町内のソフトボールチームに所属して、仲間と楽しく過ごします。そして、唯一定休日だけ、お酒を飲まれるんだとか。お仕事のある日は、お客さまの送迎がいつでも出来るようにと飲みません。これなら安心してお酒を楽しむ事が出来ますね。

お話しを伺っていると、宮代町の方の癒しの場としてのあり方を、しっかりと考えていてくださっていると感じました。お仕事をしていて感じるやりがいは"皆さんの笑顔を見る事"。そんな遠藤さんご夫婦は、これからも絆を大切にしたいそうです。

ちょっと話は変わりますが、この町についてあえて希望を言うと?とたずねると「もう少し道路の整備をして欲しいかな。踏切を渡らないと移動出来ないのは不便だね。」とおっしゃってました。

これからの宮代町がもっと便利に変わるといいですよね。道仏地区のようなトンネルもいいですよね。

取材をさせて頂いてる間にも、店内では沢山の方の笑顔を見せていただきました。
ありがとうございました。

宮代町には、他にもカラオケが出来るお店がありますよ。会社の帰りによるのにピッタリな自分のお店を見つけてみて下さいね。


3人の方のお話はいかがでしたか? なんだか癒されてみたくなりませんか? ご自分に合った"癒しのスポット"を見つけてみて下さいね。・・・もちろん! そのスポットは、是非、宮代町で!

Google」や「Yahoo! JAPAN」などを利用して
キーワードに「宮代町」と「探したい言葉」(例:マッサージ、カフェ、カラオケ など)を入力して検索してみて!

ドコイク?」では、フリーワードに「南埼玉郡宮代町」と「探したい言葉」入れて検索すると、いろいろなお店がリストアップされます。試してみて!

今ご覧になっているページは、旧みやしろで暮らそっのページです。
ページをご覧になったら、このウィンドウを閉じて、新みやしろで暮らそっにお戻り下さい。

特集バックナンバーに戻る

 


ホーム
ページ先頭へ