Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • 共に育てる

    2017年12月17日
  • 亀田 玲子 亀田 玲子
    私は、月曜日、子育て相談員の亀田玲子です。 平成25年4月より、みやしろ保育園の中にありましたきしゃぽっぽから担当させて頂いています。 一年、一年の子ども達の成長やお母さん達との出会いをとても楽しみにしています。 週に一度ですが、どんな小さな事でも一緒に考えながら、子ども達を見守っていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

     子育てひろばでは、今までに子育てパパ大学、パパヨガ、パパ講座など数多くのパパ講座が開かれていました。パパはママ以上に時間が取れず、思いはあっても仲々参加出来ないという事が現実だと思います。そこで年頭にあたり、今年は今まで以上にパパに少しでも子育てに参加して頂きたく思い参考になればと考えてみました。
     保育園の送り迎え(毎日ではないと思いますが)、時々の掃除、ゴミ出しなどのお手伝い労働。又、離乳食が始まると味覚が段々と変わってくるので、とても大変で気を使う。おもちゃも成長に伴い種類の変化が必要になってくる。など殆どママが用意してくれた物を当たり前のごとく使って「やっているつもり」になっているというのが殆どのパパ達だと思います。そこでパパの協力が出来そうな事を年齢別に挙げてみました。

    0歳児   ママの睡眠時間が取れない一番大変な時期。「頑張ってるね、ありがとう。」などの励ましの言葉などメンタル面でバックアップ。出来るだけお手伝いも。
    一歳児   休日は子どもと散歩や外に出てダイナミックな動きに挑戦(高い高いや肩車)
    二歳児   もしおむつがとれていたら男の子におしっこの仕方を伝授してみては?
    三歳児~  三輪車、易しいスポーツ(ボール投げやボールけり)などの相手をして一緒に活動的に動いてみる。
     会話も話す言葉が多いほど「語い力」や「考えをまとめる能力」が蓄積され、上手に合の手を入れてあげるとよくおしゃべりするそうです。

     子どもの成長とともに、育児へのより深い理解が必要となってきますし、又、理解すればするほど深い結びつきが得られる事と思います。ゆったりとした気持ちで成長を見守れれば、親も子も共に成長できると思います。