Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • 離乳食の大切さ

    2018年6月13日
  • 亀田 玲子 亀田 玲子
    私は、月曜日、子育て相談員の亀田玲子です。 平成25年4月より、みやしろ保育園の中にありましたきしゃぽっぽから担当させて頂いています。 一年、一年の子ども達の成長やお母さん達との出会いをとても楽しみにしています。 週に一度ですが、どんな小さな事でも一緒に考えながら、子ども達を見守っていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

    三歳児のお兄さんやお姉さん達が幼稚園や保育園に巣立っていき、子育てひろばは又、小さな子ども達でにぎわい始めました。そこで、最近ママ達から「離乳食はどうしたら?」という相談を受ける事が多くなりました。
     普通、離乳食は大体生まれて半年位から始めるようですが、市販の離乳食の種類の多さに改めて驚かされました。
    初期・・・5、6ヶ月頃。10倍がゆで、基本野菜マッシュ(南瓜、人参、ジャガイモ、さつま芋など)
    中期・・・7、8ヶ月頃。モグモグ期で7倍がゆ。舌で潰せる、固さ3mm角程度に刻み果物(バナナ、ヨーグルト等)とトマト以外は加熱する。
    後期~完了期・・9ヶ月以上。カミカミ期で5倍がゆ。歯茎を使って噛む練習。一日3回食で大人と同じ時間に取れる様になる。
    と三つに大きく分けられている様です。また、この時期に特に気をつけて欲しい事は、アレルギーについてです。これは命にかかわる事で、昔と違って今は色々な食品でアレルギーが出るお子さんが増えている様で、ちょっとでもおかしいと思ったらすぐ病院へ!是非御両親できちんと取り組んで欲しいものです。
     また「か細くて好き嫌いが多い」とか「遊んでばかりで時間がかかる」などのお声も聞きますが、そんな時は先ず好きな物を食べられる量だけ食卓に出し、完食したら「凄い!」と褒めて、段々と量や種類を増やして食べる事の喜びや満足感を知っていければと思うのですが…。
     「食べる」とはエネルギーの源で人間の本能。「食べたがる、欲しがる事」は子どもの生きる力、生命力の強さだと思います。

    「食べて、遊んで、寝てくれる」基本的にそれでいい。と気持ちを楽にして取り組みましょう。