Loading...
宮代で育てよっ01 宮代で育てよっ02 宮代で育てよっ03 宮代で育てよっ04 宮代で育てよっ05 宮代で育てよっ06 宮代で育てよっ07 宮代で育てよっ08 宮代で育てよっ09
埼玉県宮代町の
子育て情報サイト

注目のイベント

  • 子育て講座「思いを届けるI(アイ)メッセージ」

    2018年2月22日
  • 宮島 佐代子 宮島 佐代子
    私の子育ては、不安や迷いでいっぱいでした。 でも、子どもたちのお陰でたくさんの人に出会い、 学びそして成長させてもらいました。 子どもが自立した今、今度はお母さんたちの 応援をしたいと思っています。

    最後の講座「思いを届けるIメッセージ」をご紹介します。
    親が子どもを叱るとき「危ないって言ってるでしょ。いい加減にしなさい!」「何度言ったらわかるの!」という言葉を使うことがあります。主語は隠れていますが「あなた」です。主語が「あなたは~」で始まるメッセージを「YOUメッセージ」と言います。YOUメッセージによって、子どもに伝わるのは内容より「責められている」という感覚です。
    人は責められると拗ねたり、怒ったり、反抗する気持ちが湧いてきます。こんな時どうしたらいいのでしょうか。YOUメッセージに対して「I(アイ)メッセージ」というのがあります。主語が「わたしは~」で始まるメッセージのことです。
    ・わたしはこう思う ・わたしは〇〇してほしい ・わたしは〇〇したい など
    Iメッセージを使うと親の本当の気持ちが伝わりやすくなります。子どもを叱るときの親の気持ちには、心配やわかってもらえない虚しさがあります。

    それを言葉にすると
    「危ないって言ってるでしょ。 「危ないことをすると(ママは)すごく心配になるの」
    (あなたは)いい加減にしなさい!」 
    「(あなたは)何度言ったらわかるの!」 「何度伝えてもわかってもらえないと(ママは)悲しい気持ちがする」 このようになります。
    子どもは、自分が責められたわけではないので、言葉を受け入れやすくなるのです。
    他にも、
    「早く片付けなさい!」  「お母さん、散らかっていると落ち着かないの。片付けてくれると嬉しいな」
    「どうしてぶつの!」  「お母さんは、ぶたれると痛いからいやだよ。やめようね。」
    Iメッセージは慣れない言い方で初めはぎこちないかもしれません。頭に来ている時は言葉の差しかえは難しいですし、Iメッセージが本領を発揮するのはもう少し子どもが大きくなってからです。だからこそ今からIメッセージも取り入れて使い慣れてください。

     初めの一歩は、「わたしは、~」に続く本当の自分の気持ちを探すことからです。
    また、イヤイヤ期は子育て期間でも体力、気力、根気が一番必要です。一人で抱え込まず、家族や周りの人も巻き込んで乗り越えてください。子育てひろばでお会いするのを楽しみにしています。