移住者インタビューTOP  > 
移住者インタビューvol.11


宮代町の道仏地区に引っ越してきて一年半になる、
アントマミー代表の成田さん。
どうして道仏に家を建てようと決めたのか、実際に住んでみてどうなのか、
そして、気になる子育て環境について話してくれました。

topa

宮代町の道仏地区に引っ越してきて一年半になる、アントマミー代表の成田さん。どうして道仏に家を建てようと決めたのか、実際に住んでみてどうなのか、そして、気になる子育て環境について話してくれました。

topa

titlea
titlea

これから盛り上がる住宅っていうところがいいよね、と主人と話していたんです。
幼稚園に通っていると周りに同世代のお友達がいて、子ども達もいってきまーすと言って遊びに行ったり…ここでの子育てが目に浮かびました。それに子ども達が電車大好きなので、線路沿いに家が建てられるところが気に入りました。
虫とりも好きで家のまわりでも虫を捕まえてきたりザリガニを捕まえてきたり、本当にどこでも遊び場になっちゃいます。新しい村も大好きですよ。
自然もいっぱいあって動物園もあって、子どもにやさしい町だと思ってこの町を選びました。

家も比較的自由につくることができるから良いですね。
我が家は中2階をつくったんですけど、そこにボルダリングをつくってみたり…このスペースは子ども達に任せてます(笑)
お友達も遊びにきたりして、自由なスペースになってますよ。

電車の音は気にならない

ボルダリングの部屋
りょうもう号 タイトルアクセスはどうですか主人は都内に勤めてますが、東武動物公園駅までは自転車で通勤しています。都内まで時間はかかるかもしれないですけど、座れるからだいぶ楽みたいですよ。
家も比較的自由につくることができるから良いですね。
我が家は中2階をつくったんですけど、そこにボルダリングをつくってみたり…このスペースは子ども達に任せてます(笑)
お友達も遊びにきたりして、自由なスペースになってますよ。

ボルダリングの部屋

電車の音は気にならない
りょうもう号 タイトルアクセスはどうですか主人は都内に勤めてますが、東武動物公園駅までは自転車で通勤しています。都内まで時間はかかるかもしれないですけど、座れるからだいぶ楽みたいですよ。
titlec
titlec

カスミとか、姫宮のマルヤとかルソントさんとか。幸手のジョイフルや春日部イオン、ララガーデンにも行ったりします。車があれば色々と行けるので便利だと思います。
それに、今までコンビニだけがなかったじゃないですか。でもすぐ近くにローソンができるんですよ!主人と日を数えて楽しみにしていました(笑)(ローソンは3月にOPENしました!)

成田さんは去年の3月、親子のためのサロン&スクール「アントマミー」をここ道仏で始めました。
新しいお家でこんな風にお仕事するのもステキだと思いませんか?(^^)
宮代町にこんな新しいお店がどんどん増えてくれたらいいなあ。
せっかくだから、アントマミーさんをちょっとご紹介♪

成田さんは去年の3月、親子のためのサロン&スクール「アントマミー」をここ道仏で始めました。新しいお家でこんな風にお仕事するのもステキだと思いませんか?(^^)宮代町にこんな新しいお店がどんどん増えてくれたらいいなあ。せっかくだから、アントマミーさんをちょっとご紹介♪

 

topb
topb

 

title1
title1_sp

自分の子育てに悩んでいたんです。
子どもが2歳のちょうどイヤイヤ期だった頃、私は助けを求めることが出来ず、悩んでいました。
ベビーマッサージは知っていたけれど、1歳までだから、もう出来ない年齢だったんですね。
それで一念発起してベビーマッサージ指導者養成講座を受講し、自らインストラクターになることで1歳をこえた我が子にマッサージをすることができるようになりました。 実際に我が子にマッサージをすると、効果は目に見えて抜群でした。イヤイヤ期もかんしゃくもすっかりなくなり、次男に至ってはイヤイヤ期で苦労した思い出はありません。 それから赤ちゃんだけでなく全てのお子さんに効果あるマッサージがひろまればよいな、という気持ちから勉強し始めました。そしてハッピー・チャイルド・マッサージで思春期までのお子さんをもつお母さんにタッチを教えたい!お母さんの為のサロンを、と思いベビーだけでなくその後もずっとケアできるように道仏に引っ越してきたタイミングで開業を始めました。


普段、教室はこのスペースで少人数制でやってます。
教室以外にも赤ちゃんの6ヶ月を祝うハーフバースや、バースデーなどのイベントなんかもやるので、その度に壁を装飾して変えているんです。(この日はひなまつりでした!)
イベントの時は子どもたちがコスチュームを着てきたりするので、本当に可愛いですよ。
お子さんの写真をママやパパが撮ることはよくあるけど、一緒に写ることってなかなかないですよね。だからイベントの時には装飾した壁の前で一緒に撮影したりするんです。
生徒さんがいつも入るのはこの部屋と隣のお手洗い。その先からは家族のプライベートなスペース、と分けられるように作りました。
title3
ママも多いですが、2人まで料金を変えていないので、最初はママだけどのちのち、パパを連れてきたり、ご家族を連れてくるという方も多いですよ。中にはおじいちゃんおばあちゃんも!家族の方と一緒に通うようになって方法を知ってからは、お風呂上りにマッサージとかおむつ変えとかやってくれるようになったという話も聞きますね。
tea&oil

子どもとのコミュニケーションについて、書ききれない程の
熱い想いを語ってくれたアントマミーの成田さん。
そんな成田さんに宮代町は子育てに向いている町だって言ってもらえると、とっても嬉しいです。
道仏地区は子育て世代のファミリーがたくさん入ってきている地区。
アントマミーさんみたいなコミュニティに入って、
より楽しい子育てライフを送ってみるのも良いかもしれないですね。

アントマミーさんの詳細はコチラから
facebookblogもチェック!

子どもとのコミュニケーションについて、書ききれない程の熱い想いを語ってくれたアントマミーの成田さん。そんな成田さんに宮代町は子育てに向いている町だって言ってもらえると、とっても嬉しいです。道仏地区は子育て世代のファミリーがたくさん入ってきている地区。アントマミーさんみたいなコミュニティに入って、より楽しい子育てライフを送ってみるのも良いかもしれないですね。

アントマミーさんの詳細はコチラから
facebookblogもチェック!

titlea
titlea

宮代町道仏地区を選んだ理由は?

もともと田舎が好きで、住むのは田舎が良い!だけど都会にも気軽に行きたい!なんて願いが叶う街を探していたとき、出会ったのが宮代町でした。交通の便が良く、土地の価格帯が手頃な新興住宅(道仏地区)が出来たと聞いて、興味を持ったんです。

宮代町のいいところは?

・都内に勤めに行っていましたが、やはりこっちに帰ってくるとすぅーっと空気が違いますね。自然が身近にあるところはやっぱり宮代町のいいところだなぁと思います。
・ピアシティが近くて便利。生活に必要な物はほとんど揃うので、今では無いと困っちゃいます!
・子育てしやすい町として頑張っているからかな?若い家族がどんどん入ってきてるなぁと感じますね。
・子供が保育園に入るまでは、子育て支援センターには週1で行っていました。今は役場内に支援センターが出来ましたよね。もうちょっと早く出来ていればたくさん通ってたのに…!

宮代町に期待するところは?

・9割はカスミでの買い物ですが、飲食店がテナントで入ればもっと嬉しいですね。
・田舎なところが気に入って住んでみたけど、ちょっと地味かな…?と思うところも。もう少し”街”らしい(cafeや飲食店、雑貨屋、美容院、ケーキ屋)ところが近くに出来れば嬉しいです!

インタビュー 皆さん、ご協力ありがとうございました(^^)/ 最近では若いひとたちがお店を始めたり、子育てに関する施設やみんなが集える場所が出来たりと、宮代町は変わってきています。 これまで若いひとたちの意見が積極的に反映されてきた宮代町。昨年行われた「みやしろマルシェ」もそのひとつなんです♪皆さんの想いも声に出して実現してみませんか(*^_^*)
>>もっとコメントが見たい方はこちら

宮代町は都心から通勤圏内。なのに若いファミリーでも土地付き一戸建てが夢ではありません。だから、若いファミリーがたくさんお引っ越ししてきくれました。道仏地区は子供たちの元気に駆け回る声が聞こえる街です。近所にお友達がたくさんいる環境で育てるっていいですよね。
>>道仏地区の物件をみる

sp_kankyosp_bukkensp_doubutu