HOME >> 遊んじゃう? >> イベント紹介「行事」

イベント紹介「行事」

宮代町内の行事

宮代町内では昔から様々な伝統行事があります。

 

みかん投げ

みかん投げみかん投げは、旧暦の季節が冬から春に変わる立春の前日に行なわれる節分の行事です。毎年2月14日にその年の厄年の人たちが集まった人たちに向かって奉納したみかんをまきます。このみかんを食べると風邪をひかないといわれています。

日程 2月14日
場所 五社神社

初山

初山毎年7月1日にその年に生まれた子どもが親に抱っこされ、富士山に見立てた山に登り、額にハンコウを押し成長を祈願する。和戸の浅間神社は6月30日に行われる。

日程 6月30日、7月1日
場所 浅間神社(和戸) 浅間神社(山崎山) 浅間神社(辰新田)

獅子舞

獅子舞江戸時代から伝わる民俗行事。毎年7月16日に近い日曜日に東粂原鷲宮神社で行われる、町指定無形民俗文化財。

日程 7月16日に近い日曜日
場所 東鷲宮神社

お日待ち灯籠立て

お日待ち灯籠立て灯篭に火をともし豊作御礼と無病息災・家内安全等をする伝統行事。10月18日に近い、日曜日に行われる。

日程 10月18日に近い日
場所 蓮谷稲荷神社

冬至の火渡り

冬至の火渡り無病息災を願った行事として明治30年代ころから約100年程続いている行事。毎年、冬至の日に行われる。燃えさかる火の間の周囲を唱えごとを言いながら回り、その後、燃えさかる薪の間を渡る。

日程 冬至
場所 逆井地区

 

前のページに戻る


ホーム
ページ先頭へ